川田亜子さん練炭自殺で遺書 小林麻耶さんも心配?

川田亜子さんが残念なことに自殺してしまった。元TBSのアナウンサーで後にフリーアナウンサーに転進。順調に仕事をしていたという。流行?の練炭による自殺であった。いまのところ自殺理由はあきらかになっていないようだが、事前に川田さんのブログでもおかしな書込みがあり、結局それが自殺を予告するような形になってしまった。華々しい女子アナの世界では様々な確執が横行しているようで、川田さんの場合はそのへんのところはどうだったのだろう。時えお同じく女子アナの小林麻耶さんがイジメにあっているという記事なども配信されている。ファンとしては今度は小林アナが心配だ。

ヤフーニュースより引用
川田アナ自殺「5月上旬から様子が…」 所属事務所がコメント5月26日18時33分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000939-san-soci
 5月上旬頃から様子がおかしいと感じ、本人に直接確認したところ大丈夫だと言っていました。
体調が悪い様子ではありましたが、心配しつつも仕事をしっかりとしていたので安心していました。
今回の件につながる理由は皆目見当もつきません。
 所属事務所としては、本当に驚いているとしか言えません。

 株式会社 ケイダッシュ 広報部



イザニュースより詳細を見てみる(引用)
フリーアナウンサー川田亜子さん自殺か 都内の車内に練炭と遺書
05/26 11:35更新

26日午前6時15分ごろ、東京都港区海岸の路上に止まった乗用車の中で、元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が死亡しているのが見つかった。車内から家族あての遺書と練炭が見つかっており、警視庁三田署は自殺を図ったとみて、詳しい死因などを調べる。

 調べでは、車は所属する芸能事務所のものとみられ、運転席側の窓に目張りがされ、後部座席に練炭2個が置かれていた。川田さんが運転席から助手席にかけて横たわっているのを男性会社員が見つけ、110番通報した。遺書は家族への感謝の言葉をつづった内容だったという。

 所属事務所によると、24日の午前中にテレビ朝日系の情報番組「サタデースクランブル」に生出演するなど仕事をこなしており、普段と変わった様子はなかったという。発見時はパーカー、スカート、サンダルの普段着姿だった。

 現場は、川田さんの自宅から数百メートルの運送会社などが立ち並ぶ一角。

 川田さんは、白百合女子大卒業後、平成14年にTBSにアナウンサーとして入社。入社半年後に早朝の報道情報番組のメーンキャスターに起用され、人気アナウンサーとなった。

 19年3月にはTBSを退社。同年4月からフリーとなって、「サタデースクランブル」で司会のほか、TBS系「がっちりマンデー!!」でリポーターを務めていた。


さらにライブドアニュースより引用
<
a href="http://news.livedoor.com/article/detail/3655580/" target="_blank">川田亜子さん死亡、元同僚アナが目を潤ませ報道
2008年05月26日11時50分

 フリーアナウンサーの川田亜子さんが26日、東京都港区内の路上に駐車している車の中で死亡していた件について、元所属先のTBSは、情報番組「ピンポン!」のニュースコーナーの中で報道した。川田さんの元同僚の駒田健吾アナウンサーが、目を潤ませながらも、淡々と原稿を読み上げた。



実は、川田アナの自殺を予告?するかのような記事が5月20日にアップされていた。いつもと様子がおかしい・・。そんな人には心配りが必要だ。自殺する人は本心を言わないから・・との考えや本人の自由意志といった考えもあるようだが、なにはともあれ「自殺」はくいとめるべき最大の問題だと思う。「生命の尊厳」とは絵に描いた餅ではないのだ。

「体調が悪く元気がない」とブログに書く川田亜子が心配より引用
2008年05月20日10時00分


 元TBSアナウンサーの川田亜子(29)を心配する声が上がっている。

 美人アナとしてバラエティーを中心に活躍しながら、昨年4月に華々しくフリーに転身したはずだったが……。

「発端は彼女のここ10日間ほどのブログです。“うまくしゃべれない”“仕事に行きたくない”といった後ろ向きな内容でした。さらに、数日後にその書き込みがすべて削除され、14日にはブログ休止宣言をした。そのため、ファンの間で“どうしたんだ?”と話題になったんです。しかも、彼女はその日のうちに“自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね。こっそり書いてしまいました”と休止を撤回した。どうなっているのか」(芸能関係者)

 そんな中、川田は14日に同系列の事務所に所属する坂口憲二と蛯原友里が出演したCM発表会の司会として公の場に現れた。そこでも、「ほおがやつれていたし、伏し目がちで元気がなかった。アナウンスも棒読みだし、自分のMCが終わるとステージの端でため息をついていた」(マスコミ関係者)という。

 現在、川田のレギュラーは「がっちりマンデー!!」(TBS)と「サタデースクランブル」(テレビ朝日)の週2本。報道番組を志望して華々しくフリーに転身した川田にしてみれば、「こんなはずじゃなかった」という心境なのかもしれない。

 16日、川田はブログで、「体調が悪く、元気がないなか、仕事を下さった方、一緒に仕事をして下さる方、みなさんに感謝の気持ちと元気になりました。と報告したく、書かせていただきました」とつづっているが、まだまだ周囲の心配は続きそう。早く元気いっぱいの姿を見せて欲しい。


川田アナの自殺記事を目にしつつ、小林アナの過去の記事が気になった。イジメの記事だが、これに川田アナが関与?しているらしいことは悲しいこと。小林アナには何ごとにもめげずに元気でいてもらいたい。頑張れ!小林麻耶さん!!

TBS女子アナ 陰湿小林麻耶イジメで本性むき出し!より引用
2008年01月16日09時00分
かねてよりネットなどでも情報が流れていたが、TBS女子アナの小林麻耶イジメが相当ヒドいらしい。「週刊大衆」1月21日号がその陰湿ぶりを報じている。

 この年末年始も『日本レコード大賞』から『K-1プレミアム Dynamite!!』など看板番組の司会を総ナメした小林アナ。人気番組や特番はほとんど彼女が担当している。「週刊大衆」によると、その“まやや”人気をやっかんだ先輩アナたちが、根も葉もない小林アナの独立説をマスコミに流しているという。また、一時は、TBSの女子アナの裏話は「小林アナから流出している」というデマも流されたことがあるとか。先輩の秋沢淳子アナは、小林アナのことを「あんなバカは見たことない!」と罵倒したとかしないとか。

 小林アナをライバル視している後輩の青木裕子アナは、『Dynamite!!』に出場する10代の選手に「小林麻耶って知ってる?」と聞き、「知らないです」と言わせてうれしそうにしていたという。さらに青木アナは、小林アナが参加する合コンに息のかかったイケメンを刺客として潜り込ませ、小林アナの“ゴシップ処女”を奪おうと画策したこともあるらしい。これは、小林アナの性格のよさに刺客が寝返って失敗してしまった。

 小林アナに対するイジメ話は尽きない。インターネットの情報によると、元TBSアナの川田亜子が昨年春にTBSを電撃退社した理由は、川田アナが「小林麻耶に対するイジメの首謀者のひとり」という説が局内で広まり、居づらくなったためだという。いやはや女子の嫉妬は恐ろしい。バカで能天気そうに見えて、意外と苦労してたのね、小林アナ。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)


女子アナウンサーは花形職業でもあり、「日本語」の「セレブ」に該当すると思う。女子アナセレブか。セレブも大変なことになっている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。